プラセンタとは

プラセンタっていったい何?

プラセンタとは、日本語で「胎盤」を意味する言葉です。
体の中の赤ちゃんは自分で栄養摂取したり呼吸することができませんから、その大切な役割を胎盤が担うことになります。
胎盤は老廃物を除去したり、血液を作り出したり、物質の代謝を行うなど人間が生きていくための全ての働きをする、いわばマルチな機能を持った臓器のような存在です。

 

この多種多様な働きをするプラセンタに注目が集まり、現在では大人でも体内に摂取すると体の活性化に役立つということで人気が広がっています。

 

このプラセンタを利用したサプリメントが世の中に多く出回っています。
また注射によって摂取するケースもあります。

 

ただし、胎盤と言っても人間の胎盤は医療用でのみ使用されているため、市販で流通しているサプリメントには配合されていません
市販で流通されているプラセンタはほとんどが哺乳類の馬や豚などのプラセンタエキスです。

 

プラセンタを摂取することで、細胞分裂を頻繁に繰り返させ、自律神経の乱れやホルモンバランスを整えることができるのです。
肌の張りが良くなったり、しわができにくくなったり、また頭皮に注射することで髪の毛が増えてくるという効果もあります。

 

また、胎盤は男女ともに摂取可能ですから、多くの場面で取り入れられています。

 

 

プラセンタとは記事一覧

プラセンタの種類

プラセンタは胎盤ですから、哺乳類から採取できる成分となっています。人のプラセンタを摂取することも可能ですが、医療機関でのみ使用されていて、一般人の手に渡ることはまずありません。ただ、頭皮の薄毛治療で使用されるケースや、美容外科で肌のくすみや張りを改善するために使用されるケースもあり、一般人でも摂取可...

≫続きを読む

 

豚プラセンタについて

豚プラセンタのメリットとして挙げられる点は、まずは価格です。1度の出産で1頭の子供しか生まれない馬に比べて、豚は1度の出産で10頭ほどの子供を産みます。このため、原材料となる胎盤が馬に比べて安価なので、プラセンタ商品も低価格となるのです。現在、日本で最も多く商品として流通しているのは豚プラセンタで、...

≫続きを読む

 

 
トップページ プラセンタとは