プラセンタ 種類

プラセンタの種類はどんなものがある?

プラセンタは胎盤ですから、哺乳類から採取できる成分となっています。
人のプラセンタを摂取することも可能ですが、医療機関でのみ使用されていて、一般人の手に渡ることはまずありません。

 

ただ、頭皮の薄毛治療で使用されるケースや、美容外科で肌のくすみや張りを改善するために使用されるケースもあり、一般人でも摂取可能な成分となっています。

 

一方、健康食品や医薬部外品としての扱いとなっていて、どなたでも手に入れられるものは馬プラセンタ、豚プラセンタ、羊プラセンタが多くなっています。

 

ちょっと系統は違いますが、植物由来のプラセンタというのも存在します。
植物プラセンタの場合は胎盤は存在しませんので、胎盤の作用に似た胎座を採取したエキスを配合したものが流通しています。

 

一時期は牛プラセンタも存在していましたが、BSE問題で使用禁止となって以来、市場には出回っていません。
日本では、内服薬やサプリメントの使用に関して厚生労働省から認可されたものしか流通していませんので、市販されているサプリメントは安全面においても確かなものばかりといえます。

 

「馬や豚の体内にあったものを取り入れても大丈夫なの?」と疑問に持つ方もいるかもしれませんが、しっかりと検査を行った胎盤のみを使用していますので、病原体や寄生虫が付着したり存在したりといった心配はありません。

 

 

プラセンタの種類関連ページ

豚プラセンタについて
馬プラセンタに比べて価格が安い、人間の体との相性が良いなどのメリットがある豚プラセンタについてのページです。

 
トップページ プラセンタとは